대순사상학술원

個人情報取扱方針

HOME > 会員サービス > 個人情報取扱方針



大真大学大巡思想学術院(以下、大巡思想学術院と言う。)「個人情報保護法」によって利用者の個人情報保護及び権益を保護し、個人情報と係る利用者の苦情を円滑に処理できるように、次のような個人情報処理方針を置いています。
学術院で扱うすべての個人情報は、個人情報保護法など関連法令を守って収集∙保有∙ 処理されているし、個人情報処理方針を改正する場合、ウェブサイトの通知事項(または個別通知)を通じて告示します。

1条  個人情報処理目的

大巡思想学術院では、利用者の個人情報を次の目的のために処理します。 処理した個人情報は、次の目的以外の用途に使われないし、利用目的が変更される時には、事前同意を求める予定です。

1. ホームページ会員登録及び管理
- 会員登録意思の確認、会員制サービス提供に伴う本人識別∙認証、会員資格の維持∙管理、サービス不正利用防止、満14歳未満の児童の個人情報収集時、法定代理人からの同意可否確認、各種告知∙通知、苦情処理、紛争調整などのための目的として個人情報を処理します。

2. 請願事務処理
- 請願人の身元確認、請願事項の確認、事実調査のための連絡∙通知、処理結果の通報などを目的として個人情報を処理します。

3. 財貨、またはサービス提供
- 研究費及び審査費支給、物品配送、サービス提供、コンテンツ提供、オーダーメードサービス提供などを目的として個人情報を処理します。。

4.統計資料として活用
- 韓国研究財団(NRF)登載申請のための統計の目的として個人情報を処理します。

5.学術及び研究開発関連業務修行
- 「大巡思想論叢」発行、学術活動の支援、研究人材養成等を目的として個人情報を処理します。

2条 個人情報収集項目と方法

大巡思想学術院のホームページで会員登録、オンライン論文投稿及び審査管理システムの利用、「大巡思想論叢」研究計画書の受付のため、収集する個人情報の項目と収集方法は、次のとおりです。

1.ホームページ会員登録
ア。必須項目
- 名前、所属、専攻、住所、連絡先、電子メール
イ。選択項目:なし

2.オンライン論文投稿及び審査管理システム利用
ア。必須項目
- 名前(ハングル、英語)、所属、住所、連絡先、電子メール
 イ。選択項目:なし

3.『大巡思想論叢』研究計画書の受付
 ア。必須項目:研究者の履歴書 - 名前、生年月日、所属、 職位、専攻、住所、連絡先、電子メール、学歴事項、主なキャリア、研究実績
イ。選択項目:なし

4.収集方法
ア。個別的収集:利用者個別に申請書を受けて収集
イ。システム連携収集:大巡思想学術院ホームページと連動して収集

5.個人情報の提供拒否による制限
-個人情報收集時、同意を拒否する権利があり、同意の拒否時にはホームページの会員登録、『大巡思想論叢』オンライン論文投稿や審査などの諸サービスを利用することができず、研究費及び審査費の支給が制限される恐れがあります。.


3条  個人情報処理及び保有期間

利用者の個人情報は、下に明示した期間中にだけ、保有・利用します。 ただし、下の個人情報保有期間中でも利用者が個人情報の削除を求める場合には、本人確認手続きを経た後、所定の手続きにより、当該個人情報を削除します。
保有期間 対象個人情報
会員の退会時まで ■ ホームページ会員情報
準永久 ■ オンライン論文投稿及び審査管理システム利用情報
研究終了後3年 ■ 『大巡思想論叢』研究計画書の履歴書

4条 個人情報の第三者への提供

大巡思想学術院は、原則として、利用者の個人情報を第1条(個人情報処理目的)で明示した範囲内で処理し、次の場合を除いては、情報主体の事前の同意なしに、本来の目的の範囲を超えて処理したり、第三者に提供したりしません。
1. 情報主体から別の同意を得た場合

2. 他の法律に特別な規定がある場合 大巡思想学術院は、原則として、利用者の個人情報を第1条(個人情報処理目的)で明示した範囲内で処理し、次の場合を除いては、情報主体の事前の同意なしに、本来の目的の範囲を超えて処理したり、第三者に提供したりしません。 大巡思想学術院は、原則として、利用者の個人情報を第1条(個人情報処理目的)で明示した範囲内で処理し、次の場合を除いては、情報主体の事前の同意なしに、本来の目的の範囲を超えて処理したり、第三者に提供したりしません。

3. 情報主体から別の同意を得た場合

4. 他の法律に特別な規定がある場合

5. 情報主体、またはその法定代理人が意思表示をすることができない状態にあるとか、アドレス不明などで事前同意を得ることができない場合であって、明らかに情報主 体または第三者の急迫した生命、身体、財産の利益のために必要と認められる場合

6. 統計作成、学術研究などの目的のために必要な場合であって、特定個人を認識することができない形で個人情報を提供する場合

7. 個人情報を目的以外の用途に利用したり、これを第3者に提供しなければ、他の法律で定める所管業務を行うことができない場合として、保護委員会の審議・議決を経た場合

8. 条約、その他の国際協定の履行のため、外国政府や国際機関に提供するために必要な場合

9. 犯罪の捜査と公訴の提起及び維持のために必要な場合

10. 裁判所の裁判業務遂行のために必要な場合

11. 刑及び監護、保護処分の執行のために必要な場合

12. 個人情報の第三者への提供はしません。

5条 個人情報処理の委託

大巡思想学術院は、個人情報処理業務を委託する場合、委託業務の目的と範囲、個人情報の安全性確保措置に関する事項、委託業務に関連して保有している個人情報の管理状況の点検など、監督に関する事項、受託者が遵守しなければならない義務を違反した場合の責任に関する事項、また、委託する業務の内容や個人情報処理業務の委託を受けて処理する者(“受託者”)の内容を別途に管理しています。
委託業務の目的 受託社 委託期間
ホームページの保守∙メンテナンス及び論文投稿審査管理システムの管理 KISS
(韓国学術情報)
委託契約の終了時まで

6条 情報主体の権利・義務及びその行使方法

1. 利用者は、いつでも、次の各号の個人情報保護関連の権利を行使することができます。ただし、個人情報の閲覧や処理停止の要求は、個人情報保護法第35条第5項、第37条第2項により、情報主体の権利が制限される場合があります。
 ア。個人情報の閲覧要求
 イ。エラーなどがあった場合の訂正要求
 ウ。削除要求
 エ。処理停止要求

2. 第1項の規定による権利行使は、直接大巡思想学術院を訪問して、個人情報保護担当者に本人確認手続きを経た後、所定の手続き(大真大学における個人情報保護内部管理計画)により、求めることができます。

7条 個人情報の破棄手続き及び方法

大巡思想学術院は、原則として個人情報処理目的が達成された個人情報は、内部方針及び関係法令に基づいて一定期間保存された後、直ちに破棄します。破棄の手続き、期限及び方法は次のとおりです。

1.破棄手続き - 個人情報は、目的達成後すぐに、または別途の空間に移され、内部方針及び関連法令に基づいて一定期間保存された後、破棄されます。別途の空間に移された個人情報は、法律による場合でない以上、他の目的のために利用されません。

2.破棄期限
 ア。ホームページの会員登録情報
 - 会員退会時、リアルタイムで会員情報は破棄されます。
 イ。オンライン論文投稿及び審査管理システム利用
 - 準永久として別の空間に保管されます。
 ウ。「大巡思想論叢」研究計画書の受付
 - 研究終了後3年以内に年2回(6月の最終週、12月の最後の週)破棄します。

3.破棄方法 - 電子ファイル形式の個人情報は、再生できない技術的方法を使用します。紙に出力された個人情報は、粉砕したり焼却を通じて破棄します。


8条 個人情報の安全性確保措置

大巡思想学術院は、「個人情報保護法」第29条(安全措置義務)に基づいて、安全性確保に必要な技術的/管理的及び物理的措置をしています。

1. 個人情報取扱者の最小化及び教育:個人情報を取り扱う職員にだけ権限を付与し、個人情報取扱者を最小化して管理しており、個人情報取扱者を対象に、定期的な教育を実施しています。

2. 個人情報処理システムへのアクセス制限:個人情報処理システムへのアクセス権を固有IDで管理しており、権限の付与、変更、抹消は、即刻処理しています。

3. 個人情報処理システムへのアクセス制御:個人情報処理システムは、侵入防止システムなどを通じて権限のない人のアクセスを遮断するアクセス制御が行われています。

4. 接続記録の保管:個人情報処理システムに接続した記録を、少なくとも6ヶ月以上保管・管理しています。

5. セキュリティプログラムのインストール及び定期点検:ハッキングやウイルスなどの侵入による個人情報の流出や毀損を防ぐために、本校の中央からセキュリティプログラムをインストールし、毎日定期点検を実施しています。

6. 権限のない人のアクセスコントロール:個人情報を保管している物理的保管場所を別に置いて、これに対する電算室アクセスコントロール管理、サーバーの保守∙メンテナンスのアクセス時にアクセスコントロール管理、セキュリティ誓約書の管理などを行っています。

7. 個人情報の暗号化:個人情報は、暗号化などを通じ安全に保管、管理されています。

9条 大巡思想学術院の個人情報保護責任者

大巡思想学術院は、個人情報を保護し、個人情報と関連した苦情を処理するために、個人情報保護責任者及び担当者を指定しています。
- 個人情報保護責任者:大巡思想学術院事務局長
- 個人情報担当者:大巡思想学術院事務局幹事
- お問い合わせ/連絡先:031-539-2526、daos@daejin.ac.kr

10条 個人情報権益侵害の救済方法

個人情報主体は、個人情報侵害による被害の救済のために、個人情報紛争調整委員会、韓国インターネット振興院個人情報侵害申告センターなどに紛争解決や相談などを申請することができます。

1. 個人情報紛争調整委員会:02-405-5150(www.kopico.or.kr

2. 個人情報侵害申告センター:118(privacy.kisa.or.kr

3. 大検察庁サイバー犯罪捜査団:02-3480-3571(cybercid@spo.go.kr

4. 警察庁サイバーテロ対応センター:1566-0112(www.netan.go.kr

11条 個人情報処理方針の変更

この個人情報処理方針は、2016. 09. 01から適用されるし、明示されていない事項は、大真大学個人情報処理方針と個人情報保護内部管理計画によります。